妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:140127


わたくしたちの身体は
汗腺という場所から汗をかきます。
汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。

エクリン線は、
身体全身に分布している小さな汗腺で、
ここから出る汗はさらさらしていて、
ほとんどにおいはありません。

アポクリン腺は、
わきの下や生殖器など、
身体の一部にだけある大きな汗腺で、
粘り気のあるにおいの強い汗が出ます。

エアコンに頼りすぎた生活を送ったり、
トレーニング不足やストレスなどによって汗腺の機能が鈍ると、
エクリン腺から出る汗もべたべたしてきます。

体臭を防ぎ、においのないさらさらの汗をかくためには、
日々の生活習慣、食事内容を見直すことが必要です。

脂肪成分を多く含んだ肉類や、
油脂分の多い揚げ物、チーズやバターなどに偏らず、
野菜類に多く含まれる抗酸化食品をとるようにしましょう。

特にビタミンAやEが多く含まれている食品は、
においを抑制する効果があるといわれています。

なお、
にんにくなどの香りの強い食品、
日本酒を大量に飲んだ後などは、
体温が必要以上に上昇してしまい、
汗と一緒ににおいの成分が毛穴から分泌されて、
においの元にもなりますので、
適量を心がけましょう。

日々の生活では
身体を清潔に保つことが大切です。

また、
タバコのにおいも体臭の原因になります。
タバコにはアンモニアやニコチンといった
約4000種類ものにおい物質が含まれているそうです。
これらは身体の中で分解されにくく、
汗と一緒に出てにおいを放ちます。

わたくしたちが過ごしている日々では
汗をかく機会が少ないため、
汗腺の機能が衰えてニオイを発しやすくなります。

気分転換に屋外へ出てトレーニングするなど、
自然に発汗を促すといいですね。

嗚呼,気分爽快
妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり