妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:141116


減量をしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
減量失敗を繰り返していた僕。

僕の場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、おやつを食べてストレス解消。
お子様たちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は両親とともに、深夜にチューハイ+おつまみで乾杯。
お子様たちが残したご飯は、
もったいないのでウエストがいっぱいでも食べてしまう。
お子様たちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

減量を始めても
この習慣はなかなか止められず
特におやつの誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
おやつを食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

おやつって、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
ご飯制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けておやつを食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いおやつも、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
減量中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しく減量をしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられる減量をしていきましょう!

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり