妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:141204


「三日間で6`やせた!」とか
「一ヶ月でモデル体型に!」という文字を見つけると、
つい試したくなってしまいますよね。
あたくしも何度試したことか…

そのような話題になる減量の中で、
多くの人がやったことがあるのが
「単品減量」ではないでしょうか?

「バナナ減量」「りんご減量」
「こんにゃく減量」…などなど
あなたも、もしかすると1つくらい
挑戦したものがあったりしませんか?

単品減量は、
「ある食品以外絶対食べない」という減量方法ですから、
栄養面から見るとからだに悪そうというイメージはありますよね。

それでも、次々に新しい単品減量が話題になるのは
なぜだかわかりますか?

それは、とにかく一時的にでも体重が落ちるため、
「減量が成功した」と錯覚してしまうからなんですよね。

でもそれは、
「減量が成功した」のではなく、
単に栄養失調になっているだけ!

生命を維持していく栄養が足りなくなってしまうため、
極端に言えば、命にもかかわりかねない、
非常に危険な減量なんじゃないでしょうか?

そこまで深刻な状態にならなかったとしても、
からだは栄養失調状態となるため、
食べ物が少しでも入ってきたらすぐため込んでしまい、
リバウンドしてしまうのです。

しかもストレスもたまってしまうため、
からだ自体に異変を起こすことも考えられます。

このように単品減量は危険なので、
できれば、やめておいた方が良いと、
あたくしは思います。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり