妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:151105


おれたち人間の視力というのは、
常に一定にあるのではない。

赤ちゃんの時はぼんやりとしか見えず、
徐々に視力を上げていって、
5歳でお子さんの視力は出来上がり、
12歳までは絶対に落ちないものである。

5歳までは視力が向上して行くので、
この期間中に過度の勉強などさせない方がいい。

お子さんを外で遊ばせておけば、
自然と視力は
「2.0」以上になるものなのである。

ところが、
ほとんどの母たちは
お子さんの視力に関しては全くの無知であるために、
お子さんの視力が悪いとスグに眼科医に行ってしまい、
お子さんに眼鏡をかけてさせてしまう…

お子さんが眼鏡をかけると
体操量が激減して更に視力を落としてしまうし、
視力が悪いと頭も悪くなるものなのである。

加えて、
眼鏡のために頭蓋骨がいびつになり、
今度は歯に影響が出始め、
虫歯にもなりやすくなる。

一方、
日本には眼科医はいても、
視力を向上させる医者がいない。

日本の眼科は国民健康保険があるために、
先進国の中でも非常に遅れていて、
お子さんの視力が落ちたら
「はい眼鏡!」ということになっている。

しかも、
お子さんの目を取り巻く環境は年々悪化していて、
テレビの見過ぎ、パソコンの普及、体操不足、
ファストフードの常食化…など、
お子さんの目が確実に悪くなる一方にある。

それゆえ小学生なのに
眼鏡をかけているお子さんが多いし、
幼稚園児でも眼鏡をかけているお子さんがいるのだ。

でも
お子さんの近視は大人の近視とは違い、
少し改善措置を施せば簡単に視力回復できてしまう。

お子さんは視力が落ちるのが早いが、
回復するのも早い。

お子さんの近視は
「小児性仮性近視」と呼ぶべきであって、
その近視はあくまでも仮性であって、
特別な治療を施せば簡単に治るものなのである。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり