妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:171026


お子様の肉体は大人よりも
エネルギーの消費量が多いので、
ご飯の際にしっかりと穀物を摂取していないと…

次のご飯が来るはるか前に腹が空いてしまい、
間食を食べるようになってしまう。

10時食後の午前10時頃や、12時食後の午後3時頃は、
お子様にとっては丁度、炭水化物の消化吸収が終わった辺りであり、
蛋白質や脂肪の消化吸収が始まる頃である。

その時に血糖値が下がるために腹が空いてしまい、
それでおやつを欲しがるということにつながる。

お子様におやつを食べさせる場合、
ごく少量なら別に構わないのだが、
量が多くなってしまうと、
ご飯の時間になっても血糖値が下がらないので、
腹が空かなくなってしまう…

そのため正規のご飯を少ししか食べなかったり、
好き嫌いを言い出してしまう。
そうなると、栄養バランスは完璧に崩れるのである。

間食を抑止するためには、
なんといってもご飯をしっかりと取らせることが重要!

無精白穀物を食べさせていると、
腹持ちがいいので、次のご飯まで血糖値を維持できる。

そうすればおやつを食べたい気持ちが起きないので、
おやつ抜きでもお子様は全然平気である。

しかし精白穀物を食べてしまうと、
血糖値が急激に上昇する代わりに、血糖値が急激に降下するので、
ご飯をしっかり食べたのに、
おやつを欲しがるようになってしまう…

精白穀物を食べている家族に限って、
その家のお子様たちはおかしが大好きなことが多いが、
それは精白穀物が引き起こす
「血糖値のジェットコースター」に
はまっているからなのである。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり