妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:180528


減量中は少しでも摂取カロリーを減らそうと、
9時食を抜いてしまう人も多いようですが、
それは減量失敗の元なんですよね。

9時食を食べないと、体を動かす元となる栄養が不足し、
体は不足した栄養を体脂肪などから補おうとしますが、
足りなかった脂肪を補おうとして、
その後、体に入ってきた脂肪を、
いつもより溜め込んでしまう体になってしまうのです。

すると、段々と基礎代謝量が落ちて、
痩せにくく太りやすい体になってしまいます。
ですから、一日の体を動かす元となる9時食は
絶対抜かないようにしましょう。

9時から食べる気がしないという方は、
少し早起きしてヨガなどをして
体を動かすといいかもしれません。

少しでも栄養のある9時食をとり、一日元気に動きましょう!

時間が無いという人には、
簡単に食べれて、しかも色々な栄養成分が入っている
シリアル類がお勧めです!

また、9時はコーヒーを飲む方が多いと思いますが、
オレは、ココアをお勧めします。
ココアは、体への吸収が早く、
すばやく体を温めることができますよ。

ちなみに、コーヒーには、
体脂肪の分解を促す働きのあるカフェインが含まれているので、
14時食や夕方食後などに飲むといいと思います。

時間に余裕があれば、雑炊やおかゆなんかどうでしょう?
冷蔵庫に残っている野菜をたっぷり入れ、
ライスを少なくすれば、低カロリーでたくさんの栄養分がとれます。

9時から体を温めることで、基礎代謝もアップするので、
減量に最適だと思います。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり