レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる



レーシックの種類によって適正が異なるブログ:180908


ライスやパン、パスタを食べないという
炭水化物抜きの減量って、あまりよくないみたいですね。

確かに、炭水化物を摂らない減量方法は、
短期間でかなりの体重を落とすことが可能なんですが…

具体的な方法は…
7時は糖分やミルクを入れない紅茶とグレープフルーツ半分、
13時は少量のオイルで火を通した肉や魚を少々と野菜、
晩は野菜や果物を好きなだけ…といった食事内容です。

この方法で実際に、
体重を大幅に短期間で減らしたという方もいますが、
ひと月以内でリバウンドしたという人も少なくありません。

さらに、炭水化物を一切摂らない減量方法は、
短期間集中で行うなら良いのですが、
体が冷えやすくなり、基礎代謝が下がることから、
痩せにくい体になるとも言われています。

炭水化物抜きの減量は、
野菜やくだもので酵素は補っているのですが、
タンパク質を消化するビタミン、ミネラルが不足します。

ビタミン、ミネラルが不足し、
タンパク質が消化できないということは、
胃や腸などの消化器官に負担がかかり、胃腸が弱い方には向かないのです。

なので、
リバウンドしない減量や、
健康を損なわない減量、
美肌を保ち若々しさをキープする減量の為には、
炭水化物が不可欠なんです!

また炭水化物を食べることで、
脳からセロトニンが分泌され、満腹感も与えてくれるのです。

特に、精製していない炭水化物は良く噛まなければなりませんから、
少量でも腹が満足するので、
減量の大敵である食べ過ぎも防いでくれますよ!
レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり