クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

 

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。
日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。 フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。





浮気調査はこちら
浮気調査
URL:http://www.tantei-total.com/


クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:190208

子供は出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「体操」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

子供はとにかく肉体を動かしまくるものだが、
子供が肉体を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りも子供の脳のシナプスを増やすことになるので、
母は子供から喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

子供は昼間活動しまくると、晩は熟睡をするもの。
子供は睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかる子供など1人もいない。

子供がこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実に子供は、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
子供が笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
子供は笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
母が必死になって育児をしているために、
その姿が子供にとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したような母は、
子供の脳の成長に大損害を与えているのであって、
子供が笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。